業界最安値!和室の張り替えなら仰天畳.comへ!

見積もり依頼・お問い合わせはお気軽に
Tel.0800-080-0044
メインイメージ

畳たたみ・襖ふすま・障子しょうじ・網戸あみどの張り替え・施工事例

サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
メールはこちら
電話はこちら
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
メールはこちら
電話はこちら

畳たたみ・襖ふすま・障子しょうじ・網戸あみどトピックス

  • 畳の張り替え
  • 襖の張り替え
  • 障子の張り替え
  • 網戸の張り替え
  • 和紙畳とは字のごとく和紙の畳です。素材にい草を使用せず、和紙を巻きい草の様に細かくして編み込んで作られているものです。和紙畳のメリットはたくさんありますが、一部を紹介します。まず、和紙畳は何と言っても色が普通の畳の様に色褪せない事です。畳が青々としていないと部屋自体が古臭いイメージになってしまうと思いますが、いつまでも自分がイメージしている部屋であり続けられます。そして、現代の家屋において普及しつつある床暖房にも対応している事です。冬は畳の温かいぬくもりと共に床暖房をつければいつまでもぬくぬくとしてしまいそうですね。また、ジュース等をこぼしてしまうと普通の畳だとシミが残ってしまう可能性がありますが和紙畳に関しては簡単に拭き取れてシミが残りにくくなります。また、普通の畳だとある程度使用しているとい草のカス等が衣類に付着してしまう可能性もあります。お客様をお招きする場合の配慮に欠けていると思われてしまう可能性もありますが、和紙畳を使用すれば素材がい草ではなく和紙なのでその様な心配もありません。今までのい草を素材として作られていた畳のデメリットをほぼ克服しているのがこの和紙畳です。みなさんも検討しているのなら和紙畳も視野に入れてみて下さい。
  • 襖は間仕切りや戸として利用される建具ですが、その表面に張られるふすま紙には様々な絵柄が描かれています。和室の場合には内装がシンプルなぶん、比較的自由度の高いふすま紙の絵柄というのは和室の貴重なアクセントであり、その印象が部屋全体の印象を大きく左右するといっても過言ではありません。ですから汚くなった襖をそのままにしていると、いくら部屋を掃除して綺麗にしたところで、部屋の印象は損なわれてしまいます。そうなってしまっても張替えてしまえば、また美しくよみがえらせることが出来るのが襖のいいところでもあります。その際におしゃれな絵柄のふすま紙に張替えれば、お部屋の雰囲気までおしゃれに替える事も可能です。一般的にふすま紙の絵柄と言えば、伝統的な和の風景画や植物画などが思い浮かびがちですが、最近ではモダンなおしゃれな柄の襖紙もたくさんあります。また無地の紙を張りつけた上から、アクセントとして別の和紙を張り付けるなどして、自分で工夫して襖をおしゃれにして楽しんでいる人もいます。ふすま紙だけでなく、引手などもこったデザインのものがあります。襖の張替えの際には引手は取り外すものなので、その機会にワンポイントのおしゃれとして引手を交換するのもいい方法です。
  • 今の若い世代には、障子があまり身近なものではないかもしれません。そもそも、自宅に和室がないという家庭も増えてきているからです。しかし、将来的にもどんな家に住むか分からないことから、ある程度は知識として身につけておくべきです。例えば、張り替えの仕方について知っておくと役立つことがあります。まず、障子の張り替えに必要なものを用意します。文具店やホームセンターなどで最近は手軽に購入できるようになっています。通販でも購入できることがあるので、DIY関連の通販サイトなどを見てみるといいかもしれません。障子の張り替えには、障子用の和紙とノリが必要になります。最低限、この二つは用意しなくてはなりません。大きさは切って使えるように、大きめのものを用意すると効率的です。それから、張り替えを行う時にはできるだけ広いところで行うようにします。平面になっているところに置いて、ピンと和紙を張った状態でノリ付けしていくことになるからです。湿気が多いところでは湿度でピンと張ることができないので、天気が良く、空調の良い環境で行うことをお勧めします。また、障子がある家庭では、破けてしまったり汚れてしまったりした時のことを考えて、常に張り替え用品を装備しておくことが大事です。
  • 古くなってしまった網戸はちょっとしたことで破れてしまう可能性もあるので、そうならない前に網戸を張り替えるようにしなければなりません。網戸を張り替えるには、業者に依頼して張り替えてもらうか、自分で張り替えるかの二つの手段があります。それぞれメリットがあるのですが、費用を節約したいというのであれば自分で張り替えたほうが基本的に安上がりです。どんな作業でもそれ用の道具が必要であり、初めての場合にはそれらをそろえなくてはなりません。網戸の張り替えも同様で、いくつか道具が必要なのですが、その必要な道具の数が少ないので、初期投資が低く抑えられます。新しい網などを含めてすべてそろえても、業者に網戸一枚の張り替えを依頼した場合よりも、基本的には安くそろえられるでしょう。ただし、自分で作業を行うという事は、それだけ手間はかかります。時間もある程度必要ですし、作業を行うスペースも必要です。張り替えている暇がないというのであれば、業者に依頼したほうが確実でしょう。しかし道具や資材をすべてそろえてもそれほどの費用にはなりませんし、自宅に網戸が複数枚あるならいずれそれらも張り替えなければならないわけですから、とりあえず網戸を自分で張り替えてスキルを上げていくというのも良い方法でしょう。
ページトップへ戻る

Site Menu

Copyright(C) 仰天 畳.com All Rights Reserved.